保育内容

保育内容

①少人数制で、豊かな個性を伸ばします!

ゆめいろ保育園は、子ども達一人ひとりに丁寧に目が行き届くよう、少人数制です。子ども達にたくさんの愛情を注ぎ、成長を見守る中で、個性を伸ばします。

午前中は、外遊び・散歩を主活動とし、たくさん外遊びをし、豊かな感性を磨きます。

午後4・5歳児はお昼寝がない為、以下の活動をします

  • 常陸太田市内外でダンススクール(SPACE H.A.G)を行っている、片根真知子先生に手持ち和太鼓を取り入れたダンス指導をしていただきます。
  • 常陸太田市でTim’s English schoolを行っている、Tim先生の『英語であそぼう!』を月3回取り入れます。
  • 全国手話検定1級取得の園長が遊びや活動の中で手話を取り入れます。
  • 折り紙講師資格取得保育士が折り紙の指導をします。
  • 年齢や成長に合ったワークブック(文字・数字など)に取り組みます。
片根真知子先生

片根真知子先生

Tim先生

Tim先生

②衛生管理の行き届いた清潔な園内。市内初、体調不良児型保育を実施!

子ども達や施設の衛生管理を行う看護師が常勤で従事します。急な発熱、嘔吐時等は、保護者様がお迎えに来るまで、看護師が医務室で看護いたします。医務室で看護するため、他児への感染を最小限にします。※病児・病後児保育ではありません。利用できるのは、在園児のみです。(無料)

③職場や家の近くだから、送り迎えも安心!
少ない荷物で、らくらく登園。

職場やご自宅の近くの送迎は、安心して仕事に向かえます。また、送迎時間を短縮でき、体力的にも精神的にも負担軽減ができます。

子育てはただでさえ忙しく、体力も使うからこそ、保育園は気持ちを楽にご利用いただきたい…。そんな気持ちから、汚れた洋服、布団の洗濯などは、すべて保育園が行います。(嘔吐時のみ感染症予防のため持ち帰り)

登園時の持ち物は、おたより帳(全園児)・連絡帳(2歳児まで)・水筒(3歳以上児)だけです。

④身の回りのことを自分で行う力を育てます!

登園時荷物が少ないから〝自分のことをしなくても良い〟のではなく、子ども達は保育園で身の回りのことを行えるようにします。子ども達は、洗濯物の手伝い、上履き洗い、持ち物の整理整頓など、日々の積み重ねで、今何をしたら良いかを自分で考え、行動できる力を培います。

⑤質の高い保育を目指します!

職員研修を行い、保育の方向性を統一します。子ども達・保護者様への対応、保育内容、事例検討、保育内容の反省、職員会議を定期的に行い、常に向上心をもって保育に取り組めるようにします。また、当園には、折り紙講師・幼児食インストラクター・おもちゃインストラクターの資格を持つ職員がいます。

給食

給食

栄養士(幼児食インストラクター資格取得済)が、入所児童の状況に合わせて、献立作成、食事を提供いたします。栄養士自身が子ども達の食べる様子を観察し、子どもに適した食事であるか、また、提供量と摂食量の検証も行い、目標量の設定から食事の提供までを自己評価し、次の献立作成に生かすという、保育園に栄養士がいるからこそできる栄養管理を目指すと共に、子どもにとって“おいしい食事”、“楽しい食事”となるよう心がけいたします。

①食育の目標

  1. お腹がすくリズムのもてる子ども
  2. 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  3. 一緒に食べたい人がいる子ども
  4. 食事づくり、準備にかかわる子ども
  5. 食べものを話題にする子ども

②食育の目標を達成するための食育の内容

  1. 「食と健康」:食を通じて、健康な心と体を育て、自らが健康で安全な生活をつくり出す力を養う
  2. 「食と人間関係」:食を通じて、他の人々と親しみ支え合うために、自立心を育て、人とかかわる力を養う
  3. 「食と文化」:食を通じて、人々が築き、継承してきた様々な文化を理解し、つくり出す力を養う
  4. 「いのちの育ちと食」:食を通じて、自らも含めたすべてのいのちを大切にする力を養う
  5. 「料理と食」:食を通じて、素材に目を向け、素材にかかわり、素材を調理することに関心を持つ力を養う

③提供方法

  1. 自園調理し提供いたします。
  2. 行事等に伴い、お弁当の持参をお願いすることがあります。
  3. 献立表は、毎月配布します。

④離乳食の個別配慮

離乳食も原則園でご提供いたします。乳児については、子どもの発育や発達、日々の食事の様子を記録し、一人ひとりの発達にあわせ、保護者様や保育士と連携を図りながら離乳を進めていきます。

⑤食物アレルギー児への個別配慮

食物アレルギー児への対応は“命に関わるもの”という認識のもとに、保護者様との連携を図りながら対応致します。除去食申請書を提出していただきます。